【22〜28日坊主】おっさんレンタルと言う肩書きがなくなり、ただのおっさんになりました/東京/埼玉

1000日ブログ(4週目)

0022日坊主

銀座ノボウズ
小さな子供と接する機会が急激に増え始めた今日この頃。子育てもベビーシッターも興味はあるけど「大変そう」というイメージが先行し過ぎてしまう。貴重な体験をさせてもらうと同時に、今後ちょくちょくと依頼を頂けるようです。未経験でも仕事にすることができる好例です。

0023日坊主

銀座ノボウズ
知人に連れて行ってもらった秩父神社。そこでふと気づいたことがある。よく考えたら、かなり頻繁にいろんな人に神社に誘われる。同行気質というよりも暇そうなので誘いやすいのだろう。

0024日坊主

銀座ノボウズ
靴磨きはお墓参りに似ている。自分の中から湧いてくる感謝の気持ちと向き合うことのできる行為。そしてここの職人さんに磨いてもらうことが、銀座ノボウズを名乗る上でのエチケットでもある。

0025日坊主

銀座ノボウズ
今考えると、得意分野だけで依頼を受けていたら、それほど成長しなかっただろう。無理難題の依頼をこなし、乗り越えていく過程こそが、まさにおっさんレンタルを修行の場として選んだ意味につながった。多様なニーズと向き合わされた濃い1年になった。総依頼件数125件/総売上49万7500円

0026日坊主

銀座ノボウズ
「食べる」という行為にストーリー性があり、感慨深くおもうところもあって個人的に好きな記事。「食」×「ストーリー」は今後の1000日坊主シリーズでも重要なキーワードです!

0027日坊主

銀座ノボウズ
「三目的を着々と実践し、それを1000日坊主として記録していく」。今、やりたいことはシンプルにコレです。低いハードルを42.195km飛び続けるような企画です。高いハードルに挑むような生き方は僕の趣味趣向とはかけ離れていることに最近気づきました。

0028日坊主

銀座ノボウズ
僕が一番理想とするタイプの仕事の仕方です。①単発②地方③週払い④好奇心 「時間」と「場所」と「給料日」を工夫するだけで、仕事の魅力がグッと引き上がる。そしてしっかりと「好奇心」をくすぐる。そういう「仕事形態」で関われる人脈を広げたいと考えています。

4週間目のまとめ

「おっさんレンタル1年契約満期で終了」という転換期を迎えた1週間でした。

今振り返ると「おっさんレンタルの銀座ノボウズです」と名乗れることは、ものすごく価値のあることだったのだと気づかされました。

「つかみはOK」

どのシチュエーションで人と会っても、名刺代わりになるというか「話題に事欠かない空気」というものが瞬時に出来上がるので、とても便利かつ、インパクトのある肩書きだったのだと思います。

今の自分には、完全に肩書きがありません。

旅人でもないし、ブロガーでもないし、UBEReatsをしているけど、それがすべてではないし・・・

クリエイティブ活動で収益を生んでいないのでクリエイターでもないでしょうし。

お手伝いさん的な、なんでも屋とも少し違うし。

まぁ、フリーターといういつもの定位置に戻っただけなのですが、そう考えてもやはりおっさんレンタルという肩書きは偉大だったように思います。

描きながら育てる1000日坊主

1000日坊主のことで言うと、イラストのタッチやデザインを少しづつ変えているのですが、思いついたらすぐ手入れをしています。作品ではなく日記なので、気軽に「手入れ」「軌道修正」ができるのはやっててオモシロイです。受けた影響を「即反映」させることが好きなので、やっと自分の基本スタンスが確立したようにも思います。

来週からは富山県編

東京10日間×岡山10日間×地方10日間を駆け巡っていく予定で、今回の地方は富山県です。

調べれば調べるほど魅力的な場所でしたので、その辺りをお伝えできたらと思います。

僕の4週目をお読みいただきありがとうございます。

銀座ノボウズ @ginzanobouzu

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です