【36〜42日坊主】富山編その2(完結)/48390円で15泊

1000日ブログ(6週目)

0036日坊主

銀座ノボウズ
「修験道」「宿坊」というキーワードが出ると、自分の魂の記憶のようなものと関わりが深いように感じてしまう。以前は「占い」「人生相談」というキーワードで反応していたが、今では全くそのセンサーは作動していない。「心境」から「環境」へと自分の興味の矛先が変わりはじめている。

0037日坊主

銀座ノボウズ
西野亮廣さんは僕の一番好きなタイプのクリエイターです。喋って、書いて、描いて、作って、創って。全てのアクションをネタに、ビジネスにしていく生き様はお手本にしています。

0038日坊主

銀座ノボウズ
「旅」と「旬」を組み合わせる発想が自分の中に皆無だったことに気づかされる。旬=強み=注目でもある。自分自身の旬とはいつなのか?どういう特徴なのか?観光PRも自己PRも誤解のない繋がりを築くためには重要な要素。

0039日坊主

銀座ノボウズ
つくづく思うのだが、温泉ほどコスパよく幸せを感じられるものはない。大きな幸せの塊よりも、小さな幸せの塊を拾い集める生き方の方が自分にはシックリくる。幸せの感度が鈍くならないように、頻繁に温泉に足を運んでいる。

0040日坊主

銀座ノボウズ
よく考えてみたら「観光はデザインに触れる」という側面を持っている。古き良き街並みも、デザインなのである。多種多様なデザインに触れ、感動し、刺激される。売薬パッケージのデザイン一つに、街並み一区画分の感動と刺激があった。

0041日坊主

銀座ノボウズ
コスパを考えると車中泊なのだが、コミュニケーションを考えるとゲストハウスが良い。オーナーの個性が反映するのがゲストハウス。大きなダイニングテーブルが食堂にあったので、鍋会が頭をよぎる(ブリしゃぶ、カニ鍋)。富山とゲストハウスの相性の良さは潜在的にものすごく秘めていると思う。ぜひ開拓していきたい。

0042日坊主

銀座ノボウズ
「浅く広くはオモシロイ」。最近、この言葉が自分の座右の銘化してきている。飽き性、集中力がない、適当、浮気性など、誤解を招きやすい言葉だが「苦しさの出口」「楽しさの入口」は案外浅いところにあると思っている。「浅く広く」を重要視し、たくさんの選択肢を自由に選択できるフットワーク、柔軟性、対応力を磨くことで、安定をしていけないか模索している。

6週間目のまとめ

富山遍路/車中生活・・・完結

約2週間にわたる富山県車中泊生活が終わった。
地方でやってみたいことは一通り実行し、車中泊生活で試してみたかったこともほとんど実行した。
感想は、今の時期(10月)なら快適に生活でき、億劫になることは一切なかった。
真夏は間違いなく車中のみで成立させるのは難しいだろうし、真冬も相当厳しいものになるだろうから、その対策を考えねばならない。(車の冷暖房は使えない)

ゲストハウスへの興味

1日のみゲストハウスへ宿泊(いるかホステル)。人と情報が集まる魅力的な場所で、経営視点ではなく、客視点でどのように利用していくことがオモシロイだろうかと考えることが楽しかった。共有スペースに差し入れをして、自分のブログとツイッターアカウントや名刺も一緒に置いておくことで、交流の幅も広りそうなので次回は試してみようと思った。

今を研究する費用

正解か不正解かは自分でもわからないが、「今」のことしか考えていない。

  • 「今」経験したいこと
  • 「今」興味があること

にお金と時間を使う。

万が一に備えての貯蓄も、今後の不安への貯蓄も何もない。

ある種「今を研究」するために、その研究費を未来から持ってきているような感じ。

その研究結果が価値に変わらなければ、何の意味も持たないのだが・・・

ザックリ内訳表

宿泊費:11200円

  1. 東京〜富山間:360㎞(ガソリン20㍑ 約3200円)
  2. 富山県内の移動:540㎞(ガソリン30㍑ 約4800円)
  3. 富山〜東京間:360㎞(ガソリン20㍑ 約3200円)

宿泊費:3300円

  1. いるかホステル(男女共有ドミトリー):2800円
  2. 駐車場24時間利用(タイムズ):500円

飲食費:26260円

  1. サンフレッシュ大井:4000円(定かではない)
  2. 煮込みうどん 糸庄:850円
  3. 富山ブラック大喜1050円(ラーメン小/たまご/チャーシュー丼)
  4. 寺田鮮魚店:2000円(定かではない)
  5. COSMO内の鮮魚店(いずみ魚津):4000円
  6. コンビニ:4000円(やたらと甘いものを買っている)
  7. 氷見魚市場食堂:1400円
  8. 廻る富山湾すし玉:1500円
  9. はじめ家:1010円
  10. 石谷もちや:250円
  11. 栄食堂:1200円
  12.  その他もろもろ(結構忘れている):5000円

入浴費:5130円

  1. たから温泉:500円
  2. らくち〜の:630円
  3. とちの湯:510円(満足度第2位)
  4. ひらき湯:420円
  5. スパ・アルプス:1200円
  6. 海王:650円
  7. 総湯:600円(満足度第3位)
  8. あいらぶ湯:620円(満足度第1位)

洗濯費:1300円

  • 1300円(2回)

拝観料:1200円

  1. えんとつ町のプペル光る絵本展:1000円
  2. 立山博物館:200円

総額:48390円

僕の6週目をお読みいただきありがとうございます。

銀座ノボウズ @ginzanobouzu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です