【127〜133日坊主】パニック障害から1年が過ぎ・・・

1000日ブログ(19週目)

1年前・・・。

桜が咲くこの時期に冠攣縮性狭心症という心臓周辺の血管の不整脈で呼吸困難になり入院していました。色々と調べていくうちにパニック障害という症状の要素もあり、心身ともに不安定な時期を過ごしていました。

あれから1年の月日が過ぎました。

  1. 鼻呼吸
  2. 青汁/ヨーグルト
  3. ストレッチ
  4. 半身浴/水風呂/サウナ
  5. 旬の野菜

この1年間。
健康面において、ある程度は気を使って生活をしているおかげか、それ以来、症状は一切でていません。

ただ、それでもまだ心臓周辺に多少の違和感は残っており、その違和感は健康面ではなく、精神面、ストレスと直結した違和感のように感じています。

ざっくりとですが

【関係性/金/身体/生きがい/社会】

【不平/不満/不安/不都合/不信/不快】

の組み合わせでストレスや精神的な問題が起こると考えています。

僕の制作する張り子は「縁起物」としてではなく「解決物」として世の中に蔓延らそうと目論んでおり、令和の時代から発祥したと言われるような「ぶつぞう」を目指しています。

今週はそのあたりのイメージ画をご覧ください。

0127日坊主

銀座ノボウズ
思考意欲。感情的な性質の脳であり、モチベーションと密接な関わりがある。悪く作用すると歪んだ執着心を生んでしまうような、危険な脳でもある。

0128日坊主

銀座ノボウズ
思考体力。考える筋力や持久力、反射神経。発想のストレッチ性や考え方のバランス感覚、軸がブレないような思考の体幹などを司る脳。脳トレで鍛えられるのは、この部分のごく一部にしか過ぎない

0129日坊主

銀座ノボウズ
思考技術。テクニカルな独自性はこの脳の結合の組み合わせによる。経験と技術が粒々ブレインとして形成される。「粒はいずれ房となる」

0130日坊主

銀座ノボウズ
期待することで膨らみ、心配することでしぼむ。期待しすぎると浮かれたり、破裂する危険性もある。思考回路とつながっており、双方に影響が及んでいる。

0131日坊主

銀座ノボウズ
氷山の一角と九角。これを張り子でどのように作れるだろうかと考えている途中。

0132日坊主

銀座ノボウズ
日々のニュースが社会をかたどり、自分の経験が世界をかたどっている。

0133日坊主

銀座ノボウズ
神社でのお参りの際に「自分の住所を伝える」という謎の行為について考え、たどり着いた結果生まれたキャラクター。ゼロヨロズノカミ。神棚のような立ち位置のキャラクター。

19週目のまとめ

「お寺をつくっている」という軸

着々とお寺づくりがはじまりました。

「個展を開催する」とか「作品を販売する」といったことは一旦横に置いて、「お寺をつくっている」という軸がブレないよう心がけています。

そして僕にとってのお寺とは「問題解決の場」だと考えています。

張り子を通じて、占いを通じて、動画を通じて、イラストを通じて問題解決の場に一人でも多くの人が意識を向けてくれるようにクリエイティブを発揮できたらと思っています。

やっとスランプから抜けつつある。

SNS

Instagram➡︎ginzanobouzu

Twitter➡︎ginzanobouzu

youtube➡︎坊主ログ

今回もお読みいただきありがとうございます。

もりやすせい寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です