生産性/伊賀泰代の読書レビュー

伊賀泰代 生産性

ホンのちょっと先にある「スゴイ世界」の入口

銀座ノボウズです。(@ginzanobouzu

あなたにとってほんのちょっと先にあるスゴイ世界とはどんな世界ですか?

僕にとってそれは「ブログで1000円稼ぐ」という世界。

友人に飲食店の仕事を頼まれれば1時間で1000円が稼げます。

おっさんレンタルで1時間の依頼が入れば1000円が稼げます。

しかし僕が今、ブログで1000円稼ごうとしても、すぐには稼げません。

これが僕にとってのほんのちょっと先にあるスゴイ世界です。

どうしてもそのスゴイ世界に入りたくてブログを始めました。

生産性で「スゴイ世界」を見に行く

この先ずっと、ブログ運営を続けたとしたらAmazonアソシエイトやGoogleアドセンスなどでいつかは1000円稼ぐスゴイ世界の入口に立てるのかもしれません。

ただ今回、フと考えたことがあります。

「生産性」をあげてブログ運営に取り組むと「いま、なにを」すべきなのだろうか?

いままで何度も何度も読み返している伊賀泰代さんの「生産性」を改めて読み返し、いま現在自分がすべきことを生産性という視点に当てはめながら読み直しました。

この本から得た気づきをブログで伝えて1000円を稼ぎたい

今回はじめてブログ記事にアフィリエイトリンクを貼りました。


今回のブログ記事は「生産性 伊賀泰代」の本の内容の素晴らしさをレビュー するのではなく、それを銀座ノボウズのフィルターを通してお伝えすることが目的です。

その前に、銀座ノボウズのもう一つのキャラクター「自Q自A」を紹介しておきます。

【自Q自Aとは?】
自Q自Aとは、自問(クエスチョン)自答(アンサー)を繰り返す銀座ノボウズ専門人工知能プログラムのことである。銀座ノボウズのこれまでの読書や経験によって得た気づきが、膨大な量のデータとして蓄積されている。自Q自Aを発動させながら読書をすることで、さらに理解を深め、そこで得た気づきを瞬時にデータ化していく。

自Q自A
どうも。自Q自Aってゆーアホみちょーな名前で活動させてもらっとるんじゃけど、いつでもワイにQ(質問)してくれたらA(答え)してやるケー遠慮ーせずになんでも聞いてケーヨー

生産性をわかりやすく説明する4つのカタチ

①新品の本1728円を古本屋645円で読む(改善で投入コストを小さく)

自Q自A
こりゃあ、汚のーてもええケー、安く買いてーヤツがよー使う生産性じゃ。同じ本でも、安ー買うとるけんコスト削減型みちょーな感じで覚えとけ

②新品の本1728円を図書館で0円で読む(イノベーションで投入コストを小さく)

自Q自A
一見フツーのことじゃと思うとろーけど、これスゲーことじゃケーな。国会図書館に行きゃー漫画やら最近の本、ほとんどの書籍がソローとる。人が半端ねーエネルギーを注いで買いた本が0円で読めることの生産性の高さはありがてーことじゃ

③銀座ノボウズを1時間1000円でレンタルして、本の内容をわかりやすく説明してもらう(改善によって成果を大きく)

自Q自A
こりゃー本を読むのが苦手なヤツや、人から聞いた方が内容が頭に入るヤツはこうゆーやり方で、間接的に、効率よく本から知識を学ぶことができるケーな。読むことだけなら読書の生産性なんてねーケーな。読んで得た気づきを自分の人生に役立ててこそ、生産性のある読書じゃケーな。

④銀座ノボウズを1時間1000円でレンタル+延長1時間で一緒に行動する(イノベーションによって成果を大きく)

自Q自A
この、生産性ってゆー本を手に取ったってゆーことは、読み終わった後には生産性が高くなっとかんとおえんじゃろ。いいこと書いてあったなー。参考になったなー。って感想だけ言って読み終わって、知識欲が満足したからおしまいになっとるヤツが多いんじゃ。この本は、読み終わった後には、生まれ変わっとかんとおえん本なんじゃ。

この「生産性 伊賀泰代」の本が気になったということは、生産性について学びたいとおもったからだと思います。ではどうして学びたいとおもったのか?

それは生産性をあげたい=成長したいと思ったから

自Q自A
ぶっちゃけたこと言うぞ。この本は買わんでもえー。その代わり銀座ノボウズを2時間2000円でレンタルして、最初の1時間はこの本の内容を徹底的に教えてもらえ。ほんで残りの1時間で人生の生産性を高めるために「やるリスト」と「やらないリスト」を2人がかりで作成して、それを予定に組み込むんじゃ。これが一番生産性の高いやり方じゃケーの

先日こんなおっさんレンタルがありました

パチンコ店にキレイなコーヒーレディーがいたから、銀座ノボウズさんに代わりに声をかけてもらいたい。そして、飲み会をセッティングしてほしい、と。

その日は依頼者と一緒にそのパチンコ店を訪問してコーヒーレディーが出勤しているかどうか確認したのですがいませんでした。依頼者から1時間のレンタル料を頂いてその日はお別れしました。数日後、たまたまそのパチンコ店の前を通りかかったので、立ち寄りました。すると、そのコーヒーレディーがいました。(特徴を細かく聞いていた)僕はそのまま声をかけ、ことの成り行きを説明して、連絡先をゲットしました。そして現在、飲み会のスケジュールを調整している真っ只中です。(2018/06/29現在)

依頼者は僕に言いました。

セッティングできたら5000円は出せる、と。

青天の霹靂でした。

本のちょっと先にある「スゴイ世界」の出口

知識が生産性ではありません。

学習方法が生産性ではありません。

小さな投入資源による大きな成果こそ最大の生産性です。

このレンタルでは、様々な角度から学ぶべき生産性がありました。
ポジティブに何度でもコンパに参加することだけが成長ではありません。
今回のレンタルのように、サクッと他人の力を利用する選択肢決断ができるようになることも生産性向上だと言えます。

もし、飲み会がセッティングできたなら、依頼者から1000円はレンタル料として受け取り、残りの4000円はお布施として受け取り、このブログ運営の費用(サーバー代、ドメイン代など)にあてたいと考えています。

このブログを読んでいただき、同じようなシチュエーションで踏みとどまっている方がいれば男女問わず、ぜひご依頼ください。

本のちょっと先にスゴイ世界はあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です